健康長生きの人の腸内に多く存在する、長寿菌とは?

画像

 

最近、テレビなどの特集で耳にすることも多い、「長寿菌」。
健康で長生きをされている人の腸内には、長寿菌が多く存在します。
そもそも長寿菌がどのようなものなのか、腸内細菌の仕組みとともにご紹介していきます。

 

[腸内細菌の仕組み]

 

人の腸内には、およそ3万種類、数にするとおよそ1000兆個もの細菌が存在します。
腸内細菌の総数である1000兆個という数は、常に変わりません。

 

それらの腸内細菌は、3種類に分かれます。
・体にとって良い働きをする「善玉菌」
・体にとって悪い働きをする「悪玉菌」
・善玉菌が増えれば善玉菌と同じ働きを、悪玉菌が増えれば悪玉菌と同じ働きをする、「日和見菌」

 

[長寿菌と呼ばれる腸内細菌]

 

長寿菌とは、健康長生きの人の腸内に多く存在している善玉菌の総称です。
代表的なものに、乳酸菌、ビフィズス菌、大便菌などが挙げられます。
これらの長寿菌は、腸の働きを良くしてくれることはもちろん、傷ついた腸の粘膜を修復する力を持っている菌もいます。

 

長寿菌などの善玉菌が増えるほど悪玉菌は減少し、免疫力にも作用するため、病気をしにくい体を維持することができるんです。
健康長生きのためには、長寿菌を増やすことが大切です。