正しい洗顔で美肌に!肌荒れを招く間違い洗顔とは?

画像

 

スキンケアの基本中の基本「洗顔」ですが、正しい洗顔方法って知っていますか?洗顔方法を間違えると肌荒れの悪化や、老化の進行を招いてしまう可能性もあります。
今回は、意外と知らなかった洗顔のハウツーをお伝えしていこうと思います。

 

【洗い過ぎは乾燥を招く可能性がある】

女性が陥りやすい洗顔の間違いですが、洗い過ぎによるものが多いといいます。
洗い過ぎる事で必要な皮脂まで取り除いてしまい、お肌のバリア機能を低下させてしまったり、乾燥させてしまう可能性があります。

 

・ダブル洗顔
ダブル洗顔とは、クレンジング剤でメイクを落とし、その後は洗顔料で洗顔する、といったように2回洗顔する事を言います。
このダブル洗顔によって、目元や口元などのデリケートな部分の皮脂を取ってしまい乾燥を招く可能性があります。
お肌が乾燥しやすい人や、赤みやピリピリなどの刺激に敏感な人は、このダブル洗顔を控えた方がいいかもしれません。

 

・洗顔の回数が多い
上記のダブル洗顔と同じで、一日に何度も洗顔する事が美肌に繋がるとは限りません。顔の皮脂を取り過ぎると、肌のバリア機能を低下させてしまう可能性があります。
肌のバリア機能を低下させない為にも、洗顔料を使用した洗顔は「朝と夜の2回まで」にしておいた方がいいと考えられています。

 

【乾燥の原因になる洗顔時の水温は?】

洗顔の際の水温ですが、洗顔の中で一番大切なポイントといっても過言ではありません。
洗顔時の適温は「32度〜36度」くらいのぬるま湯だといわれていますが、熱湯や冷水で洗顔するとどうなるのでしょうか?

 

・熱すぎるお湯での洗顔
皮脂汚れを落とすためには熱めのお湯での洗顔がいいと思われるかもしれませんが、皮脂は30度以上で溶け出します。
熱すぎるお湯での洗顔は、皮脂を落としすぎて乾燥を招く上に、低温火傷となって赤みの原因にもなります。

 

・冷水での洗顔
30度以下の冷たい水で洗顔すると、皮脂汚れを落とす事ができなくなります。汚れを落としにくいデメリットはありますが、毛穴を引き締める効果はあるので、洗顔後に冷水で引き締めるためのすすぎには最適かもしれません。

 

【摩擦で肌を傷つけていない?】

お肌の皮膚は体の皮膚と比べると、とても薄くデリケートです。
そんな薄い皮膚に、摩擦や刺激を与える事は、活性酸素を増やし炎症や色素沈着の原因にもなります。

 

・泡立て不足によるゴシゴシ洗い
洗顔時に「ごしごし」と擦るように洗う事は、お肌にとってNGな行為です。特に洗顔料が泡立っていない場合、ごしごしと洗ってしまいがちなので、泡立てネットなどを使用し、「たまご1つ分」ほどの大きさに泡立てる事が必要になります。
泡立った洗顔料をクッションにし、手のひらが触れるか触れないか程度の力加減で優しく洗ってあげましょう。

 

・洗顔後のタオルの使い方
洗顔の後、顔についた水やお湯を拭き取る際はふわふわのタオルを使用して優しく拭き取りましょう。
タオルの使用時もごしごしと擦らず、「ぽんぽん」と優しく押さえるようなイメージで水分を拭き取る事が大切です。

 

 

[まとめ]

化粧水や美容液で有効成分を肌に補ってあげる事や、食生活に気を使う事による栄養素の摂取は、すこやかなお肌の為にとても大切です。
しかし、スキンケアの基礎である洗顔の方法を間違える事によって、お肌にダメージを与える事は厳禁です。正しい洗顔方法とスキンケアで、すこやかな美肌を目指しましょう。