【保存版】シミに効果的な「美白有効成分」まとめ!

画像

 

シミがない美しい陶器のようなお肌は、女性なら誰しもが憧れますよね。シミを作らせない為、出来てしまったシミを悪化させないよう、日々のスキンケアで美白ケアをしている方も多くいらっしゃると思います。
今回は、シミや色素沈着に効果をもたらしてくれる美白成分をご紹介していこうと思います。

 

【シミが出来る仕組み】

紫外線や外的刺激・内的刺激を受けると、「メラニンを生成して」という命令を出す情報伝達物質が作られます。
その物質がメラノサイトに届き、チロシナーゼが活性化し、メラニンが生成されます。
このシミが出来るまでの仕組みや過程の中で、様々な効果を発揮してシミを作らせないようにしてくれるのが「美白成分」なのです。

 

【美白成分の大きな違いって?】

美白成分の中には、厚生労働省が認可しているものと、そうでないものがあります。
厚生労働省が認可した美白有効成分は「医薬部外品」として販売する事が出来るので、美白化粧品を購入する際は参考にしてください。
下記では、厚生労働省からの認可を受けた美白成分をお伝えしています。

 

【メラニンの生成を抑えてくれる成分】

チロシナーゼが活性化するのを阻害してくれる作用や、メラノサイトの活性化を抑制する作用を持つものが多く、シミを消すというよりも濃くなったり悪化するのを防いでくれる作用がほとんどです。
メラニン生成を防止するため、シミを作らせない成分です。

 

・アルブチン
α型とβ型の2つがあり、効果の高さで比較するとαアルブチンの方が優位だといわれています。

 

・プラセンタエキス
化粧品に含まれているプラセンタエキスは豚や馬や羊由来の胎盤から抽出したエキスです。

 

・ビタミンC誘導体
もともと壊れやすいビタミンCを、化粧品に配合しても効果が発揮しやすいよう改良した成分です。

 

・トラネキサム酸
肝斑治療の化粧品に多く使用されている成分。メラノサイトが活性化するのを防ぎます。

 

【メラニンの排出を助けてくれる成分】

ターンオーバーが正常な状態であれば、肌の奥から上へ上へと押し上げられて、垢として排出されるメラニンですが、その排出のサイクルを補助してくれる作用のある成分が下記です。

 

・プラセンタエキス
メラニンの生成を抑制してくれる作用を持つプラセンタですが、メラニンの排出もサポートしてくれる成分です。

 

・エナジーシグナルAMP
肌にとって不要になったメラニンを排出してくれる作用を持ちます。

 

 

【メラニンを還元してくれる成分】

メラニンの還元化とは、できてしまったシミやメラニンを無色化する事です。「還元美白」といった効果をうたっている化粧品には下記の成分が含まれている事が多いのではないでしょうか。

 

・プラセンタエキス
メラニンを無色化する作用ももつプラセンタエキス。排出のサポートやメラニン生成の抑制の作用も持つので、万能な成分といえます。

 

・ビタミンC誘導体
メラニン生成を抑制するはたらきと、メラニンを無色化してくれる作用を持つのでシミ対策に有効な成分といえます。

 

・厚生労働省に認可されていないハイドロキノン
漂白してくれる力の強さでいうと、ハイドロキノンが抜群です。しかしこのハイドロキノンは厚生労働省に認可されていない点と、白班などの副作用のリスク、刺激が強い事から、慎重に使う必要があります。

 

 

[まとめ]

以上、シミに有効な「美白有効成分」をお伝えしました。
自分のシミにあった有効成分が含まれる化粧品を使用してスキンケアする事で、美白ケアの近道になるのではないでしょうか。様々な美白有効成分が存在しますが、基本的には安全性の高い「医薬部外品」を使用する事がベターだと思われます。