シミウスに配合されている着色料って安全?使っても大丈夫?

画像

 

シミ対策ができるオールインワンジェルであるシミウスですが、着色料が2種類配合されています。
着色料(タール)といえば、発がん性物質になる可能性が指摘されていたり、アレルギーの兼ね合いなどで実生活の中で避けている人も多いのではないでしょうか?
ここでは、シミウスに配合されている着色料は安全なのか、使用しても大丈夫なのかをまとめています。

 

【そもそも着色料ってなに?】

化粧品に含まれる着色料は、大きく2種類に分類できます。

 

・タール色素
医療品や化粧品、食品などに幅広く用いられています。種類によっては、アレルギーのリスクが指摘されているので、安全なものだけが使用を認められているようです。

 

・天然色素
植物界に存在する、自然な色素のことです。タール色素とは違い、色素が変性しやすく、製造コストも高いといわれています。

 

〜口から入ると場合と皮膚から吸収する場合の違い〜
着色料といえば、発がん性のリスクもあると言われていますが、それは「口から入った場合」の方のリスクです。
皮膚から吸収する、経皮毒のリスクではアレルギー反応のリスクを指摘されていることの方が多いようです。

 

 

【シミウスに使われている着色料は問題ない?】

シミウスに使用されている着色料は、青色1号・赤色106号です。

 

毒性が強いといわれているタール色素は下記。
赤色→200番台
青色→200番台

 

シミウスジェルの場合は、この毒性が強いと指摘されている色素にあてはまっていないので、安全性が高いのではないでしょうか?

 

【アレルギー反応のリスクは着色料以外でもあり得る】

着色料に限らず、パラペンやアルコールなどの成分にアレルギー反応が生じる場合もあります。
自分の肌が、どの成分でアレルギー反応を起こしてしまうのかは、医療機関などで検査しないと詳しくは分かりませんよね。シミウスでは、肌に合わなかった場合は返金制度が適用できるので、アレルギー反応が不安な方は一度お試ししてみる価値があるかとは思います。