肌の保湿や敏感肌ケアに大きく関係するバリア機能とは?

画像

 

バリア機能が低下すると、乾燥しやすくなる・敏感肌になるといったことを聞いたことがあるかと思います。
乾燥した状態の肌や、敏感な肌では、肌トラブルも起きやすくなります。今回は、保湿や敏感肌のケアに大きく関係してくる、肌の「バリア機能」を高める方法をお伝えします。

 

【バリア機能とは?】

バリア機能とは、肌の一番上の層「角質層」で、外部の刺激や乾燥から肌を守ってくれている機能の事です。
肌の内部の水分と、毛穴から分泌された皮脂によって、皮脂膜が作られるのですが、その皮脂膜がバリア機能の役割を担ってくれています。
これらのバリア機能が低下する要因は様々ですが、肌のターンオーバーが乱れたり、肌の保水力が低下すること、皮脂の分泌が過剰になったり減ったりする事で、バリア機能が低下します。

 

〜バリア機能が低下すると〜
肌のバリア機能が低下すると、いつものスキンケア方法でも肌がヒリヒリとしたり、赤みや腫れ、湿疹や炎症が出来やすくなります。
これは、肌が外部からの刺激や摩擦に敏感になっている証拠です。
肌のバリア機能が低下すると、一時的に「敏感肌」になってしまう女性も少なくありません。
敏感肌になる事で、肌が乾燥しやすくなったり、少しの刺激でも肌荒れや肌トラブルを引き起こしやすくなります。

 

【スキンケアでバリア機能を高める】

低下してしまったバリア機能を高めるためには、適切なスキンケアアイテムでのスキンケアが重要になってきます。

 

〜スキンケアの方法〜
バリア機能が低下している時は、肌があらゆる刺激に敏感な状態になっているため、優しく扱ってあげる事が大切です。
まず、摩擦を避けるためにゴシゴシこすったり、掻いたりするのは厳禁です。
クレンジングや洗顔のし過ぎも、肌の必要な皮脂を取り除いてしまう可能性がある為、注意が必要です。

 

〜スキンケアアイテムの選び方〜
バリア機能が低下している時に使用するスキンケアアイテムは、低刺激のものを選ぶ方がベターです。
美白有効成分の中には効果が高く、刺激の強いものも多く存在するため、チェックが必要です。
出来れば「低刺激でも使用できる」と、メーカー側が謳っている商品が良いでしょう。
肌の内側で失われた保水成分を補って、バリア機能を強化してくれる保湿クリームなどでしっかりスキンケアをする事が、低下したバリア機能を高める事になります。

 

[まとめ]

肌のバリア機能は、睡眠不足や偏食など生活習慣の乱れが原因で低下させてしまう可能性もあります。
そうなると、スキンケアだけでは改善できなくなってしまうので、体の内側からバリア機能を高めるような意識も大切です。
毎日使用するスキンケアアイテムでのスキンケアも、バリア機能を低下させない為に大きく関係してくるので、低刺激で肌に優しいものを使用することをおすすめします。