よく眠れないのは血糖値のせい!?リンゴ酢のススメ

画像

 

近年、睡眠障害という言葉をよく耳にします。
自覚症状がある人もいますが、睡眠障害だという自覚がない人も含めれば、相当数の人が睡眠障害だということです。

 

そんな人に、ぜひ試していただきたいのが「リンゴ酢」です。

 

[睡眠障害の定義]

 

では、睡眠障害とは、具体的にどのような症状があるのでしょうか。

 

・布団に入って、2時間以上眠りにつけない
・夜中に2回以上目を覚ます
・歯ぎしりをする
・怖い夢をみる
・どんなに寝ても、朝起きられない
・昼食後に眠くなってしまう
これらの症状に、心当たりはありませんか?

 

[ジェットコースター血糖が原因の可能性も]

 

就寝時に血糖値が高いと、寝ている間に血糖値を下げようとインスリンが分泌され、下がり過ぎるとアドレナリンが分泌されて血糖値を上げるというように、寝ている間も血糖値が上がったり下がったりしてしまうことも、睡眠障害の原因の一つだと考えられています。

 

そんなジェットコースター血糖を改善してくれるのが「リンゴ酢」なのです。
リンゴ酢を5倍ほどの水で薄め、夕飯前に飲むようにして下さいね。
これによって、血糖値の上下がしにくくなり、質の良い深い眠りにつけるというわけです。
「酢」によって、血糖値の上昇を抑えたり、消化を促してくれるからです。