腸内に潜む“デブ菌”、それが原因で太ってしまうって本当1?

画像

 

腸内環境、デトックス、腸内フローラetc.
近年、腸内細菌について注目されていますよね。
「デブ菌」と「痩せ菌」という言葉を耳にしたことはありますでしょうか?
その名の通り、「デブ菌」が多いと太りやすく、「痩せ菌」が多いと太りにくいという研究データがあります。

 

そもそも、デブ菌と痩せ菌とは何なのでしょうか?
そして、腸内に痩せ菌を増やすためには、どうすればよいのでしょうか?

 

[デブ菌と痩せ菌]

 

人間の腸内には、100兆を超える腸内細菌が存在しています。
腸内細菌には、善玉菌と悪玉菌があり、「デブ菌」は悪玉菌に、「痩せ菌」は善玉菌にそれぞれ分類されます。

 

デブ菌が増えてしまう原因としては、いくつか考えられます。
・ファーストフードやインスタント食品を摂る機会が多い
・常に何かを食べている(空腹を感じる時間が少ない)
・脂っこいものや、味の濃いものを好んで食べている
・不規則な生活

 

[痩せ菌を増やすには?]

 

同じものを食べても太りにくい、そんな体質を手に入れられるのが「痩せ菌」の存在です。
痩せ菌を増やす方法をご紹介します。
・脂っこいもの、味の濃いもの、ファーストフードなどを減らす
・発酵食品を多く摂る
・水溶性食物繊維を摂取する

 

この3つのポイントを押さえておけば、腸内の痩せ菌が増えていくことでしょう。
美容のためにも、健康のためにも、デブ菌を減らして痩せ菌を増やしていきたいですね!