シミが消えると話題のシミウスは肝斑にも効果絶大って本当?

シミを薄くしてくれると話題のシミウスジェルですが「肝斑にも効果あり!」と口コミやブログで多くの女性から紹介されています。
実際に、治療が困難と言われている「肝斑」に効果があるのかどうか調べてみました。

 

○シミの種類は大きく三種類
シミとは、本来ターンオーバー(肌代謝)で皮膚表面に押し出され、はがれ落ちるはずだったメラニンが排出されず、皮膚の中で蓄積され色濃くなってしまったものです。
そのシミの中でも、下記の3種類が多くの女性を悩ませています。

 

・肝斑(かんぱん)
女性ホルモンやピルの服用などが関係して出てくるシミです。閉経とともに消えてくれます。

 

・老人性色素斑
シミで悩む方の中でも最も多い「紫外線」が原因のシミです。

 

・そばかす
遺伝的なもので、紫外線の影響で濃くなるものです。

 

○シミウスが肝斑に効果絶大な理由
30代後半から40代の女性の多くが悩むシミや肝斑ですが、どのシミにも言える事が「紫外線によって悪化する」という事です。
肝斑の発生原因は女性ホルモンバランスが関係しているので、結論から言うと、シミウスジェルで肝斑を完全に消してしまう事は難しいと思われます。
しかし、肝斑が濃くなったり大きくなるといった「紫外線」による進行をストップする事での効果は大きく期待できます。
ブログや口コミで「肝斑に効果があった」と話題になっていた真相は、肝斑の進行がストップした事と、紫外線が原因となった他のシミが薄くなった事、透明感がアップした事が重なっての事なのかもしれません。

 

○まとめ
シミウスジェルの大きな役割は主に下記の3つ。
1、メラニン色素の生成を抑制しシミを作らない肌に。
2、潤いを与え肌のバリア機能を向上し紫外線ダメージを減少させる。
3、ターンオーバー(肌代謝)を促し、古い角質とともにシミを排出。
成分だけでなく製法にもこだわっているシミウスジェルなので、しっかりとした「シミケア」を始めるならおすすめできる優秀アイテムです。