シミを作らせない!紫外線対策に必要なUVケアを詳しく解説

画像

 

シミを作る原因や、シミを悪化させてしまうのに大きく関係しているのは「紫外線」です。一年中降り注ぐ「紫外線」からお肌を守るために、意外と知らなかった紫外線の基礎知識や、紫外線対策についてお伝えしていきます。

 

 

【紫外線の種類と紫外線が多い季節について】

太陽光から放出される成分の一つが「紫外線」なのですが、私たちがいる地表にとどく紫外線の種類は大きく分けて2つです。

 

・紫外線の90%を占めるUV-Aとは?
お肌に蓄積するダメージを与えるUV-Aですが、お肌の真皮という奥の層にまで届くのでシワやたるみの原因にもなります。コラーゲンやヒアルロン酸を生成してくれる細胞を傷つけてしまうので、ハリや弾力不足になり光老化をまねきます。
さらに、すでに肌内部に存在するメラニン色素を酸化させる作用もあります。

 

・パワーの強いUV-Bとは?
UV-BはUV-Aと比べると約1割とその量は少ないのですが、肌へ直接作用するパワーが強いため、注意が必要です。日焼けによる炎症で肌が赤くなる「サンバーン」はこのUV-Bのせい。
シミや皮膚がんの原因になるため、お肌への影響も強いといわれています。

 

・紫外線の量が多い季節は?
紫外線は、春が終わった5月頃から少しずつ増えはじめ、6月から8月の夏場に一番多くなります。
とはいえ、春や秋・冬に紫外線が全くないというとそういう訳でもなく、一年中紫外線は降り注いでいるので、紫外線対策が必要です。

 

【日焼け止めの種類について】

シミを作らせない、悪化させない為には紫外線対策が必要です。帽子や日傘で日よけするのももちろん効果的ですが、「日焼け止め」でしっかり紫外線から肌を守る事が重要になってきます。
日焼け止めの中には、ジェルタイプやクリームタイプ、ミルクタイプなど様々な使用感のものがあります。
顔に使用する場合は、化粧下地やリキッドファンデーションに日焼け止め効果が追加されているアイテムもあるので、その日の天候や排出時間によってうまく活用する事をおすすめします。

 

・SPFとはUV-Bを防ぐ効果の数値
日焼け止めに表示されている「SPF30」などは、UV-Bからお肌を守ってくれる効果のことです。
SPFの数値の最大は50で、その数値が大きければ大きい程、守ってくれる効果も高くなります。

 

・PAとはUV-Aを防ぐ効果の数値
日焼け止めに表示されている「PA+」や「PA++」などは、UV-Aからお肌を守ってくれる効果のことです。
PAの強さは4段階あり、「PA+」「PA++」「PA+++」「PA+++」と、「+」の数が多ければ多い程、その効果が高いといわれています。

 

 

[まとめ]

今回はシミを作らせないために紫外線の基礎知識や日焼け止めについてお伝えしました。
紫外線の対策は、シミを作らせないために必ず必要になる、基本的なスキンケアです。紫外線は日々のちょっとした積み重ねで対策できます。今出来ているシミを悪化させない為にも習慣にする事をおすすめします。出来てしまっているシミには、スキンケアアイテムでの美白ケアで、シミのない美肌を目指しましょう。