なかなか消えない目の下のクマ!タイプ別の解消方法を解説!

画像

 

3人に1人という、かなり多くの女性が頭を悩ませる目の下のクマですが、クマの色や特徴によって、その原因と解消方法が異なってきます。今回は3種類あるクマの種類と、その解消方法をお伝えしていきます。

 

【血行不良が原因の青クマ】

寝不足や眼精疲労などが原因で出来る「青クマ」の大きな原因は、血行不良です。

 

冷え性や肩こりが慢性的にある人は、この青クマができやすく、色白の人は血行不良で血液が滞っている事が目立ちやすい為、この青クマが出来るといわれています。

 

 

・解消方法

青クマの大きな原因は寝不足や眼精疲労によって血液が滞る事なので、目を休ませる事や、質の良い睡眠を取るなど、生活習慣を見直す事でおのずと解消します。

 

他にも、ホットタオルで目元を温め血液の循環を良くしたり、目元のマッサージで血流をうながす事も改善方法としておすすめです。日々の食生活では、鉄分を積極的に摂取する事で貧血予防にもなります。

 

 

【シミと同じケアが必要な茶クマ】

目元がくすんでおり、どんよりした印象の「茶クマ」は、色素沈着やシミが大きな原因です。

 

紫外線を浴びる事や、目元をこする事による外的な刺激でメラニン色素が大量に生成され、茶クマ=シミや色素沈着になりやすいといわれています。

 

目元の皮膚は、頬やおでこなどの他の顔の皮膚に比べて約3分の1の薄さなので、顔の他の部分よりも紫外線や摩擦・乾燥による刺激に敏感な部分ゆえに「茶クマ」になりやすいのです。

 

 

・解消方法

紫外線の予防と、メイクやクレンジングによる摩擦を少なくする事が、茶色いクマの大きな解消方法です。

 

〆目元への摩擦を避ける
目元の皮膚はかなり薄く、デリケートな部分なので乾燥もしやすく摩擦による刺激にも敏感です。アイシャドウやアイラインを塗る際には、刺激を軽減する為に目元の皮膚を引っ張らないよう気をつける事が大切です。

 

さらに、アイメイクを落とす際のクレンジングでも洗浄力の強いものを使わず、アイメイク専用のクレンジングを使う事や、ゴシゴシ擦らず優しくクレンジングしてあげるといった気遣いが重要になってきます。

 

〆刺激の強いスキンケアアイテムの使用は避ける
スキンケアでは、刺激の強い成分が入った化粧水や美容液の使用は控え、皮膚の薄い目元にも使える肌に優しい成分が配合されたもので目元の保護をしてください。

 

プラセンタエキスやアルブチンなどのメラニン生成抑制作用を持つ、美白有効成分が含まれたスキンケアアイテムがおすすめです。

 

 

【たるみが原因の黒クマ】

黒いクマには大きく2つの原因があると考えられています。
1つ目は、目の下の脂肪が生まれつき少ないなどの要因で、皮膚の凹みが目立って影が出来ること。2つ目は加齢などが原因で、目の下の筋肉が衰えてたるみが生じる事で凹みが出来る事です。

 

 

・解消方法

青クマや茶クマと違い、凹みやたるみが原因の黒クマはメイクで隠す事が困難です。
根本的にたるみや凹みを対策・解消する必要があるので、目元のマッサージや、目元の筋肉を鍛える眼筋トレーニングが有効的です。

 

 

[まとめ]

クマに限らず、顔の悩みに共通して言える事は「紫外線」や「刺激」を対策する事や、生活習慣や食生活を整える事です。目元の皮膚は、顔の他の部分に比べてとてもデリケートで老化が出やすい部位なので、優しく扱ってあげる事がクマを作らせないコツになります。