シミが出来る原因5つ!正しく知ってシミ対策と予防

画像

 

紫外線がシミの原因になる事は多くの女性が知っている事かと思いますが、他にも様々な原因が存在する事を知っていますか?
シミが出来るメカニズムを知れば、シミを作らせない正しい対策や、改善をする事が可能になります。

 

 

【その1】紫外線によるメラニン生成

肌に紫外線を浴びる事で、肌の中に存在する「メラノサイト」が活性化します。このメラノサイトから、シミのもとになるメラニン色素が生成されるのですが、紫外線対策をせずに紫外線を浴びると、過剰にメラニン色素が作られ、それが長年続くことによってシミになるのです。

 

メラニン色素を過剰に生成させない為にも、日焼け止めなどで紫外線対策が必要です。紫外線は夏だけでなく、一年中降り注いでいますので、日中や外出時は特に注意が必要です。

 

 

【その2】炎症による色素沈着

皮脂が過剰に分泌する事や、油分の多く含まれたファンデーションが毛穴につまる事で炎症を起こしやすくなります。肌で炎症を起こす事が、大人ニキビ(吹き出物)につながるのですが、炎症を起こした後はそのダメージを回復させようと、細胞が活発に働きはじめます。活性化した細胞は同時にメラノサイトも活性化させるので、メラニン色素が多く生成され色素沈着となり肌に残るのです。

 

炎症を起こさないためには、肌のバリア機能を低下させないよう、水分と油分のバランスの取れた肌状態を保つ事が重要になってきます。

 

 

【その3】外的刺激による活性酸素の増加

間違った洗顔や、こする事での肌への摩擦、化粧品による刺激、乾燥やバリア機能の低下により雑菌やホコリに敏感になる事など、それらが「外的刺激」になり、活性酸素が大量に発生します。活性酸素とは本来、体の細胞を守ってくれるものですが、増え過ぎると細胞を攻撃してしまいます。活性酸素の増加は、メラノサイトの働きを促し、メラニンを生成させシミを作るだけでなく、炎症を悪化させ様々な肌トラブルを招く原因にもなります。

 

外的刺激を減らすためにはお肌を優しく扱ってあげる事と、刺激の強いスキンケアアイテムを控える事が必要になります。

 

 

【その4】内的刺激による活性酸素の増加

上記にあげた外的な刺激ではなく「内的刺激」も活性酸素を増加させる原因になります。
喫煙や飲酒も、寝不足や精神的ストレスも活性酸素を増やし、メラニン生成が過剰になります。さらに、ホルモンバランスが乱れる事で活性酸素を除去する抗酸化作用が弱まるので、シミが出来やすくなります。

 

ストレスを溜めない工夫や、ホルモンバランスを整えるために規則正しい生活を送る事で、内的刺激を減らす事がシミ予防への近道になります。

 

 

【その5】ターンオーバーの乱れによるメラニン色素の停滞

肌の新陳代謝のサイクルのことを「ターンオーバー」と呼びますが、このターンオーバーが乱れる事で生成されたメラニン色素が肌の中に停滞した状態になります。
本来メラニン色素はターンオーバーにより肌の表面へ押し上げられて、最終的には垢として排出されるのですが、ターンオーバーが乱れる事でこのサイクルが乱れます。

 

ターンオーバーを整えるためには、血行促進や生活習慣や食生活の見直しが大切です。もし、肌全体がくすんでおり角質が溜まっている場合は、ピーリングなどで不要な角質を除去するスキンケア方法もおすすめです。

 

画像

 

[まとめ]

美白ケアやシミに有効なスキンケアでシミを消そうと努力していても、シミが出来る原因を取り除くことを怠ると、悪循環に陥ります。シミを作らせない事と、シミを増やさないような予防と対策も大切です。