肌の弾力に不可欠なヒアルロン酸!その効果的な摂取方法とは

画像

 

お肌の弾力やハリ、保湿に不可欠なヒアルロン酸。
多くの化粧品に配合されているのをよく目にしますよね。
化粧品だけでなく、食べ物やサプリメント・ドリンクなどからも摂取する事が出来るようですが、お肌に不足しているヒアルロン酸を補う為には、どのような摂取方法が効果的なのでしょうか?
今回は、ヒアルロン酸の概要と効果的な摂取方法をお伝えしていきます。

 

 

【ヒアルロン酸とは?】

 

〜体内にもともと存在するヒアルロン酸〜
ヒアルロン酸とは、人間の体内の様々な部分に存在します。
皮膚や関節、目などに含まれていて、基本的には細胞を守るのがヒアルロン酸の働きです。
特に、女性にとって気になるヒアルロン酸の大きな役割は「皮膚の中での保水力」ではないでしょうか。

 

〜皮膚の中に存在するヒアルロン酸〜
皮膚の「真皮」というところでは多くのヒアルロン酸を含んでおり、肌の表面が乾燥しないように水分を保持してくれています。
真皮にヒアルロン酸がある事で、クッションのような役割を果たしてくれており、肌のハリや弾力が保てるのです。
しかし、この体内のヒアルロン酸は、加齢とともに徐々に減るので、外側から補ってあげる必要が出てきます。

 

 

【サプリメント?食事?化粧品から摂取?】

1グラムで6リットルの保水力を持つヒアルロン酸ですが、お肌のためにはどのように摂取すると効果的なのでしょうか?

 

〜不足するヒアルロン酸を補うには?〜
ヒアルロン酸の効果的な摂取方法について、3パターンに分けてご紹介していきます。

 

・食事から摂取するのは難しい
豚足、フカヒレ、鶏の手羽や軟骨などに含まれるヒアルロン酸ですが、熱に弱いのが大きな特徴です。
40度以上の熱で調理すると、基本的にその成分が壊れてしまいます。ですから、加熱された食材からヒアルロン酸を多く摂取するのは難しいといえます。

 

・サプリメントからの摂取は糖として分解される
さらに、ヒアルロン酸のサプリメントを経口摂取しても、糖に分解されるだけで、きちんと吸収する訳ではないようです。
サプリメントでの摂取で、美肌・健康効果があるとは医学的に実証されていないのが現状です。

 

・肌の弾力アップが目的なら化粧品からの摂取がベスト
肌の保水力や弾力をあげる事が目的であれば、化粧水やオールインワンジェルなどのスキンケアアイテムを利用するのがベストです。
しかし、分子の大きいヒアルロン酸は肌の一番上の角質層というところにとどまってしまい、その下の真皮まで浸透しません。
浸透力の高い、低分子のヒアルロン酸などが含まれている化粧品を選ぶ事が重要になってきます。

 

[まとめ]

以上、お肌の保水力や弾力をキープしてくれるヒアルロン酸の効果的な摂取方法についてお伝えしました。
ヒアルロン酸が摂取できるサプリメントやドリンクなどが多く販売されていますが、その効果を実感する為には浸透力の高い化粧品をお肌に使用する事だとお分かり頂けたのではないでしょうか?
低分子ヒアルロン酸やフリーズドライで生成された無水ヒアルロン酸なども開発されているようなので、化粧品を選ぶ際にはチェックすると良いでしょう。