シミウスにデメリットはある?購入する前に要チェック!

画像

 

シミウスジェルはシミ対策が出来るオールインワンジェルです。
美白ケアが出来て、1つで10役こなしてくれるマッサージジェルは業界初です。とても画期的で、肌悩みがある女性にとって嬉しいスキンケアアイテムです。

 

アットコスメでも高評価なシミウス!デメリットは?
日本最大のコスメ・美容の総合サイトの口コミをチェックすると、総合評価☆5.3点という、かなり高い評価です。
しかし、良いところばかりでなく、もちろんデメリットととらえられる点もいくつかあります。

 

保湿力が少しだけ足りない
アットコスメの口コミにも書かれているデメリットの1つは「保湿力が足りない」ところです。
オールインワンジェルやクリームの中でも「高保湿」をうたっている商品がありますが、シミウスジェルは「シミ対策ケア」が出来るマッサージジェルなので「高保湿」で宣伝している化粧品に比べると保湿力が劣ります。
→乾燥する季節や極度の乾燥肌さんは、乳液やクリームをプラスアルファして使用してみて下さい。

 

無添加ではないところが気になる
無添加やパラペンフリーの化粧品が好きな方からすると、シミウスジェルはパラペンを含む化粧品なので、デメリットに感じると思います。
シミウスを販売しているメビウス製薬は「あえて無添加という言葉は使わない」をモットーとしています。
パラペンフリーをうたっていても、パラペン以外の数倍もの防腐剤を配合して、かえって肌への刺激が増す事もある、という考え方からです。
シミウスジェルはジェルが入っている容器の中に、直接指で触れる事もありますし、スパチュラを使用する度に何度も入れる事になります。そうなると、空気中や指に付着した菌がジェルに入ってしまう可能性が高まります。
そう考えると、防腐剤が入っていない化粧品の方が、実は恐ろしかったりしますよね。