シミを隠すメイク術!コンシーラーでシミを見えなくする方法

画像

顔にシミがあると、どうしても実年齢よりも老けた印象を与えてしまいます。外出時や人に会う時には、メイクでシミやそばかすは上手に隠して美肌に見せたいですよね。
今回は、コンシーラーを使ったメイク術でシミを見えなくする方法をお伝えしていきます。

 

 

【シミやそばかすをカバーするコンシーラーの種類】
コンシーラーとは別名、部分用ファンデーションとも呼ばれています。
顔全体に使用するファンデーションではカバーできないシミやそばかす、クマやニキビなど、気になる部分に使用するものです。

 

 

・普段使いしやすい「リキッドタイプ」
液状になっているリキッドタイプのコンシーラーは、筆ペンタイプや先端がチップになっているものなどが主流です。
カバー力は低いですが、目元や口元などに色味の明るいものを使用すれば、ハイライト替わりになり、ヨレにくくキレイに使用できます。

 

 

・万能な「クリームタイプ」
リキッドタイプよりテクスチャーが固めのクリームタイプのコンシーラーは、チューブやパレットになっているものが主流です。

 

パレットで販売されているものは、数種類の色味がパレットの中に一緒に入っているアイテムも多いので、シミの濃さや使用する部位によって、色味を使い分ける事ができる為、とても万能で日常使いしやすいものです。

 

 

・カバー力の強い「スティックタイプ」「ペンシルタイプ」
カバー力の強い、スティックやペンシルタイプのコンシーラーは伸びがよくない反面、濃いシミやかなり気になる部分にピンポイントで使用する事で、高いカバー力を発揮します。

 

画像

 

【シミや用途に合わせて上手にコンシーラーを活用する】
様々な種類のコンシーラーがありますが、自分のシミのタイプや肌質に合わせて上手に活用する事が大切になります。

 

 

・色味やコンシーラーのタイプを使い分ける
シミが薄くて範囲が広い人は、リキッドタイプやクリームタイプで、シミを隠しながら肌の色に馴染ませてあげるといいでしょう。
濃いシミがある場合は、カバー力の高いスティックタイプやペンシルタイプの硬いテクスチャーでしっかり隠してあげるといいかもしれません。

 

 

〜リキッド系ファンデーションを使用する人は〜
普段、リキッドファンデーションを使用している人は、コンシーラーは後から使用すると不自然になりません。
リキッドファンデーションの上からコンシーラーを使用し、最後はパウダーやおしろいで仕上げると自然な仕上がりになります。

 

 

〜パウダー系ファンデーションを使用する人は〜
普段、パウダー系ファンデーションを使用している人は、化粧下地の後にコンシーラーを使用し、その後にファンデーションを乗せてあげると自然に仕上がります。

 

 

どちらの場合も、コンシーラーを濃く塗りすぎたり、量が多すぎた場合は、ムラになりやすい上に、崩れやすくなりますので要注意です。

 

 

[まとめ]
以上、コンシーラーを使用したシミの隠し方をお伝えしました。
シミを隠す為には、毎日のメイクも手間や時間がかかり大変ですが、自分に合った色味のコンシーラーを丁寧に使用してあげると、美しい仕上がりになります。