副作用が怖い?シミ取りレーザーのメリットとデメリットは?

画像

 

化粧水や美容液による美白ケアでは、すぐには消えない濃いシミや色素沈着。
なるべく早くシミを消したい…と悩んでいる方の中には、レーザー治療という選択肢を検討している方も少なくなくないのではないでしょうか?
今回はシミ取りレーザー治療のメリットや副作用などのデメリットをお伝えしていきます。

 

 

【シミ取りレーザー治療とは?そのメリットは?】

皮膚科や美容外科で受ける事ができる、シミのレーザー治療。
シミや色素沈着の原因であるメラニンにレーザーを照射し、そのレーザー光の波長により、シミの治療ができるといったものです。
様々なレーザーが存在しますが、QスイッチルビーレーザーやYAGレーザーといったレーザー治療が主流です。
Qスイッチレーザーに関しては、アザの治療用レーザーとしても使用されているので、傷跡を残さずシミや色素沈着のみを治療出来るというところが大きなメリットです。

 

 

・どんなシミを治療する?
皮膚科や美容外科でレーザー治療を受ける際は、老人性色素沈着といった紫外線が原因のシミ、先天性のそばかす、ホルモンバランスの乱れが原因の肝斑、ニキビや火傷が原因の炎症後色素沈着など、様々な種類のシミでも治療を受ける事ができます。
しかしレーザー機器の特徴によっては、シミとの相性が悪い場合もあります。
例えば、肝斑のような輪郭のぼんやりした左右対称のシミの場合は、Qスイッチレーザーでの治療を行うと、逆にシミを濃くしてしまう可能性もあるので、肝斑での治療には使用されないのが一般的だといわれています。

 

 

・治療後の経過は?
治療後の経過は個人差があるものの、治療直後は肌が赤くただれたようになり、数日でかさぶたが形成されます。
このかさぶたは無理に剥がしたりこすったりせず、1週間〜10日程で自然にはがれ落ちるまで待つ必要があります。
さらに治療後に紫外線を浴びる事や、治療部位のメイクもNGです。

 

 

 

【レーザー治療のデメリットや副作用は?】

上記で述べたように、シミの種類とレーザー機器の相性が悪かった場合は、シミをかえって濃くしてしまったりする事もあります。さらに治療後は、赤くただれる事や、長期間かさぶたが出来ていること、紫外線やメイクを避ける必要があることを考えると、暫く外出を控える必要が出てくるところがデメリットだといえます。

 

 

・実際にあった副作用
「シミが濃くなった」
→肝斑などのシミが悩みで、レーザー治療を受けた場合の副作用として多くあるようです。レーザーの波長やエネルギーの密度やパワーが適切でなかったり、様々な原因が考えられます。

 

「赤みが引かない」
→レーザー治療後は、乾燥しやすくとても敏感な状態なので人によっては、長い期間赤みが引かないこともあるようです。

 

「白くまだらな肌になった」
→レーザー治療だけでなく、刺激の強い美白化粧品でもこういった「白班」の副作用が多くあげれています。

 

画像

 

[まとめ]

以上、レーザーを用いたシミ治療のメリットとデメリットや副作用をお伝えしました。早く確実に治療をしたい場合は、レーザー治療はとても有効的ですが、信頼できる医師やクリニックでないと、副作用や効果が出ないなど失敗してしまうリスクも大きいとおわかりいただけたかと思います。
自分の肌状態をしっかり理解した上で、スキンケアアイテムや日々の生活習慣の改善で、根本的にシミを治療していく事もひとつの選択肢かと思います。