シミウスはアトピー性皮膚炎の人でも使用できる?

画像

 

アトピー性皮膚炎の方は、肌が乾燥していて、バリア機能が低下し、痒みや炎症が起きている事がほとんどだと思います。
そんな敏感なアトピー肌に、シミウスジェルは使用する事ができるのでしょうか?

 

 

【低刺激な成分なので使用しても大丈夫】

シミウスジェルに使用されている成分は、プラセンタエキスやコラーゲン、ヒアルロン酸、サクラ葉抽出エキスや紫紺エキスなど、動物・植物由来の成分です。
厚生労働省が認可した成分を配合されているので「医薬部外品」の位置づけできるのです。
そんな国に認可されているシミウスジェルなので、基本的に安心して使用できると考えて大丈夫です。

 

 

【アトピーの炎症や痒みが酷い時は様子見が必要】

しかし、アトピー特有の症状(乾燥や痒み・赤み)などが酷い時は、無添加のワセリンやプロペトなどで症状がおさまるのを待った方がいいかもしれません。
シミウスジェルには、メチルパラペンが配合されているので、アトピーの方にとっては刺激になるかもしれません。
とはいえ、防腐剤の中でも肌への刺激が少ないのがメチルパラペンです。
パラペンフリーの化粧品を長期間使用し、腐らせたり雑菌を増やし、使用してしまう方が肌への安全性が低いといえるので、使用方法には注意が必要です。

 

 

【アトピーで心配のある方は肌に合うか試してみる価値あり】

シミウスジェルには返金制度があるので、検討中の方は一度お試ししてみる価値はあります。
アトピー性皮膚炎とは乾燥→バリア機能低下→炎症の悪循環がもたらすものなので、シミウスジェルが有効的に働くかもしれません。