20代から減少するコラーゲン!その美容効果と摂取方法は?

画像

 

ヒアルロン酸と同じく、肌の保湿や弾力の為に欠かせない成分「コラーゲン」ですが、20歳を境にどんどん減少していきます。
美肌をキープするために減少したコラーゲンを補う為には、どのような摂取方法を取るのが効果的なのでしょうか?
今回は、コラーゲンの美容効果と摂取方法についてお伝えしていきます。

 

【コラーゲンとは?】

コラーゲンは、人の身体を構成しているタンパク質のうちの約3分の1を占めています。
お肌にももちろんですが、身体の様々な部分にとって必要不可欠な物質です。

 

〜コラーゲンの美容効果は〜
肌の「真皮」という部分の中の約70%を占めるのがコラーゲンです。
真皮にはヒアルロン酸も多く存在していますが、コラーゲンを含んでいるコラーゲン繊維を支えているのがヒアルロン酸です。
コラーゲン、ヒアルロン酸どちらも、お肌の弾力や保湿の為に必要な成分なのです。

 

〜ヒアルロン酸と違い、加齢と共に激減するコラーゲン〜
ヒアルロン酸は40代後半にかけて、急激に減少しはじめます。
それに比べて、コラーゲンは20歳を境にどんどん減少します。
30歳には全体の40%に、40歳には30%以下、と驚きのスピードで減っていくため、お肌の老化が進行します。
肌の弾力が無くなり、シワやたるみ・毛穴のひらきなどの肌悩みは、このコラーゲン不足によるものです。

 

画像

 

【コラーゲンを上手に補う方法は?】

では、20歳から急激に減少する皮膚内のコラーゲンを補う為には、どのような方法でコラーゲンを摂取すると良いのでしょうか?

 

〜コラーゲンが含まれる食材の摂取〜
ヒアルロン酸と同様、フカヒレや鶏の手羽・牛すじなどの肉類からコラーゲンを摂取する事ができます。
しかし、コラーゲンが含まれる食材を摂取してもアミノ酸に分解されてしまい、意味がないといった情報も流れていました。
しかし現在は、食事で摂取したコラーゲンは、アミノ酸に分解されても、「プロリン」というコラーゲンを生成する為に必要な成分を多く含んでいるため、効果があるという見解が出ているため、普段の食事でコラーゲンを摂取する方法は効果的だといえます。

 

〜コラーゲン配合のサプリメントでの摂取〜
コラーゲンが配合されたサプリメントやドリンクなど多く販売されていますが、これは医学的に効果があるかどうかは明確にされていません。
日頃の食事で足りないコラーゲンを補助するものと思い、サポート代わりに摂取すると良いかもしれません。

 

〜コラーゲン配合の化粧品〜
一般的に、コラーゲンは分子が大きく肌の内部に浸透しないイメージですが、最近は分子の小さい浸透しやすいコラーゲンが配合された化粧品も多くあります。
食事やサプリメントでの摂取と違い、化粧品でコラーゲンを補った場合は、肌に直接届くというところが大きなメリットです。
食事やサプリメントでコラーゲンを摂取しても、そのコラーゲンの効果がどこに出るのかは分かりません。
その点、化粧品の場合は、浸透すればお肌に効果が現れるため、コラーゲン不足による肌悩みの場合は化粧品での補い方がおすすめです。

 

 

[まとめ]

以上、肌の弾力やハリの為に必要なコラーゲンの効果的な摂取方法をお伝えしました。
食事やサプリメントでのコラーゲンの摂取ですが、過剰摂取には注意が必要です。
コラーゲンは1日の摂取目安量が5グラム〜10グラムとされており、過剰摂取した際にはセルライトや脂肪になってしまいます。
肌に直接効果を期待する場合には、自分の肌に合ったコラーゲン配合の化粧品を見つけるのが近道かもしれません。